『バスなのね』

『バスなのね』

男の子が大きな椅子を抱えてきました。

そして色いろな形の椅子をたてに並べます。

何が始まるのでしょう。

バスごっこの始まりです。

 

男の子は前の席に座り、ハンドルを握って、

「はっしゃしまーす ブッブー」

バス停につきました。

「キキー、ストップ!」

りんごをもったうさぎさんや、

本をもったくまさんがお客さんです。

動物がのったり、おりたり。

「はっしゃしまーす バスってたのしい」

「カーブします ごちゅういください」って、

バスの運転手さんが言うの、かっこよくってまねっこしたいですよね。

 

2歳の子どもから楽しめる絵本です。

 

バスなのね

文:中川 ひろたか

絵:100%ORANGE

出版社:ブロンズ新社

発売日:2004/9

サイズ:16.4 x 15.8 x 1.2 cm

 

 


絵本男子 福崎 介都さんの感想

乗り物は小さい時から大好きでした。

バスに乗って、停留所のボタンを押したくって、

間違えて押して、叱られたこともありました。

 

バスは、小さかった僕を色々なところに連れていってくれる大きな夢の乗り物でした。

車も電車も飛行機も船も 乗り物って最高!

 

モデルプロフィール

8
応援する
お名前:福崎 介都 生年月日:1994/06/12 出身:福岡県 職業:アーティスト・俳優 趣味:読書 twitter:toon_kaito  
メッセージ:やっているうちに自分も絵本や手遊び歌にはまってしまい、楽しく撮影させてもらいました。お子様と一緒に楽しんでいただけたらすごく嬉しいです!