『くすのきだんちのあきまつり』

『くすのきだんちのあきまつり』

どーん どーん

おまつりだいこが きこえてきます。

 

くすのきだんちのみんなはとっても仲良しです。

住人揃って一緒のお祭りへ行くなんて、羨ましくなるほどです。

 

「みなさーん、そろそろ でかけましょうか。」

まんまんいけは、にぎやかな おまつりを

うつして かがみのように ひろがって いました。

 

くすのきだんちの住人が〈いつも おみずを ありがとう〉と、

お礼を言いに、まんまん池のお祭りに出かけます。

お神輿や屋台店が出てカケスの子どもたちも大はしゃぎ。

 

心地よい言葉と絵、住人たちのやさしさが味わい深いお話です。

 

夕焼け時、みんながくすのきだんちへ帰っていく場面は

優しくて、美しくて、切なくて・・・。

時が止まってしまいそうで、ジーンとしてしまいました。

 

4歳のお友だちから、情感を楽しめるお話です。

 

くすのきだんちのあきまつり

文:武鹿 悦子

絵:末崎 茂樹

出版社:ひかりのくに

発売日:2015/8

サイズ: 26.5 x 22 x 0.8 cm

 

 


絵本男子 風見 優斗さんの感想

僕は小さい頃からお祭りが大好きです。

お神輿も引いたり、担いだりしました。

 

町内を回る途中で、いろいろなお家でいただく、

お振る舞いがとっても楽しみでした。

 

かき氷や、ジュースや、唐揚げもあったなー。

神社に行くと屋台があって、わたあめやゲームも大好きでした。

 

このお話を読んで、小さい頃をたくさん思い出しました。

 

モデルプロフィール

1
応援する
お名前:風見 優斗 生年月日:1998/03/31 出身:埼玉県 職業:アイドル・俳優 特技:声劇、目覚ましを1秒以内に止められる 趣味:少女漫画を読むこと twitter:@toon_yuto  
メッセージ:絵本の読み聞かせや手遊びうたを通して、お子さんやママさん方はもちろん、たくさんの人を笑顔にしていきたいです!