『100円たんけん』

『100円たんけん』

親子で楽しめる、初めてのお金の絵本です。

 

コンビニで、おかしをおねだりしたら、「100円までよ」って言われた。

100円ショップに行ったら、なんでも100円だ。

昔は、お金ではなくって物々交換をしていた。

 

よそのお店では、100円で何が買えるのかな?

ぼくとお母さんは、商店街をたんけんしてみることにした。

 

100円たんけん

 

はかりうりしているお肉屋さんで、100円ぶんのお肉を買ってみよう。

魚屋さんに100円で買えるものはある?

1800円のケーキ、100円ぶんならどのくらい?

八百屋さんは? お寿司屋さんは? パンやさんは?

 

子どもたちにとって身近なねだん「100円」

買えるものをくらべてみながら、

お金のやくわりや、もののねうちについて、

 

考えるきっかけをくれる絵本。

読んだら、ふだんのおこづかいの見方がちょっと変わるかも!?

4歳のお友ともだちから楽しめますね。。

 

つみき

文:中川 ひろたか

絵:岡本 よしろう

出版社:くもん出版

発売日:2016/10

サイズ:26.2 x 21.6 x 1.2 cm

 

 


絵本男子 一條レオンさんの感想

お金の絵本とっても楽しい。

身近なお金の単位100円。

 

100円でできることをいっぱいたんけんしちゃいます。

100円ショップ楽しいですよね。

なんでも100円と消費税で買い物できる。

おもちゃも、雑貨も、お絵描き道具も・・・

 

さあ、何を楽しめるかな!

モデルプロフィール

12
応援する
お名前:一條レオン 生年月日:1991/02/13 出身:神奈川県 職業:アーティスト 特技:料理・漢字 twitter:reon_original  
将来の夢:沢山の人に希望を与える立場に立つこと

メッセージ: 初めての挑戦だったので、カメラマンの方に聴いてもらうようなつもりで絵本の世界観を大事に読ませて頂きました!