『あくまちゃんとてんしちゃん』

『あくまちゃんとてんしちゃん』

わるいところといいところがあってにんげん。けんかしてもすぐに仲直り!

日常で繰り広げられる親子やきょうだいのエピソードが満載。

笑って泣ける、のぶみさんの絵本。

 

ある日、かんたろうの耳から、あくまちゃんとてんしちゃんが飛び出して......。

「子どもって、いい子にばっかり育てようとしたらダメなんです。

 

子どもはこうしなさいばかり言われているから、

たまには、わるいところも好きよってママに言われたいんです。

いいところとわるいところがあって人間だからさ。

子どものなかのあくまちゃんとてんしちゃんを大切に。」

 

5歳から楽しめるお話です。

 

あくまちゃんとてんしちゃん

文・絵:のぶみ

出版社:幻冬舎

発売日:2017/8

サイズ:23.2 x 19.4 x 1.2 cm

 

 


絵本男子 結木奏太さんの感想

悪魔と天使って大人にも子どもにもいますよね。

それをいかに上手に相手するかっていうのが大切ですね。

 

そういえば・・・

アンパンマンに出てくるロールパンナちゃんも悪魔と天使を持ち合わせていましたね。

モデルプロフィール

1
応援する
お名前:結木 奏太 生年月日:1992/07/23 出身:東京都 職業:アーティスト 趣味:YouTube、美味しいものを食べること twitter:toon_sota  
メッセージ:絵本男子としてたくさんの子どもたちと関わり、絵本の素晴らしさや、手遊び歌の楽しさを伝えていきたいです。よろしくお願いします。