『ランドセルがやってきた』

『ランドセルがやってきた』

うみひこくんが、ようちえんから帰ってくると、大きな箱が届いていました。

「あ、おじいちゃんから」

中に入っていたのは…ランドセル!

「やったー!ランドセル!うゎおー!あお!」

うみひこくんは大よろこび。

おじいちゃんは、ぼくの好きな色を覚えていてくれたんだ。

 

背中にしょってみたら、なんだか大きい。

「だって 6ねんせいに なるまで つかうのよ。」とお母さん。

そうか、6ねんせいかぁ。

うみひこくんが、中に色々入れて、外へ出かけてみると、近所の人たちが声をかけてくれます。

 

「りっぱだねぇ」「かっこいいね」ちょっぴり、おにいさんになった気分です。

「あ、そうだ! 」

うみひこくんは、大事なことを忘れていました。

忘れていたことは…

 

年長さんが感じる、新一年生になる前の、ドキドキとワクワクが入り混ざった、あの特別な期間。

新しいことばかりが始まります。

そんな時に、初めて手にする自分だけの「ランドセル」。

その嬉しさに、不安なんて一気に吹きとんでいきます。

一年生の春にぴったりな絵本です。

 

ランドセルがやってきた

文:中川 ひろたか

絵:村上 康成

出版社:徳間書店

発売日:2009/1

サイズ:22.6 x 20.3 x 1 cm

 

 


絵本男子 多村栄佑さんの感想

青いランドセルかっこいい!

うみひこくんの張り切る様子に、読んでいる方も清々しい気持ちになっちゃいます。

 

僕も一年生になる時ランドセルを買ってもらい嬉しかった。

でも小さな身体にはとっても重たかった。

幼稚園を卒業して

小学校への入学はドキドキです。

 

がんばれ新一年生!

僕も応援しているよ!!!

モデルプロフィール

8
応援する
お名前:多村 栄佑 生年月日:1995/06/20 出身:愛知県 職業:大学生・アーティスト 特技:社交ダンス 趣味:散歩 twitter:@toon_tamu  
メッセージ:初めて絵本読み聞かせ、手遊び歌やらさせていただきました!子どもが大好きなので良かったら一緒に楽しんでもらえると嬉しいです!