『ばかんばかんぶー』

『ばかんばかんぶー』

突然、大きな卵から生まれた子ども!?

 

かんちゃんは、「ばかんばかんぶー」と名前をつけてあげます。

 

かんちゃんのおもちゃを一人占め。

生まれたばかりで、トイレもお風呂も上手に使えません。

 

お兄ちゃんになって嬉しいかんちゃんは、ちょっといばりながら、

かんちゃん兄さんは、いろいろ教えてあげます。

「ばかんばかんぶー」もかんちゃんの話を聞いていろいろやってみます。

 

3歳のお友だちから楽しめる絵本です。

 

ばかんばかんぶー

文・絵:のぶみ

出版社:絵本館

発売日:2006/7

サイズ:26 x 18.4 x 1.2 cm

 

 


絵本男子 RIKEさんの感想

「ばかんばかんぶー」という名前がユーモラスでとっても面白いですね。

 

兄弟っていいなと感じさせる絵本ですね。

仲良くしたり、けんかしたり…。

必ず、弟はお兄ちゃんのまねっこをしますね。

微笑ましいです。

 

僕もこの絵本中のたまごのお家に入ってみたいなと思いました。

モデルプロフィール

1
応援する
お名前:RIKE 出身:宮城県 職業:作詞作曲編曲家&ラッパー 特技:急にスイッチが入ってアホな事する(らしい) twitter:@RIKE_KIRIYAMA  将来の夢:時代を作る

メッセージ:小さい子好きなので、画面越しでも一緒に遊べたら嬉しいです。