『バウムくんとゆめのもり』

『バウムくんとゆめのもり』

子どもたちに「日本の森のことを知ってもらいたい!」という想いで創られた絵本です。

森のようせいのバウムくんが、日本の森林の問題をわかりやすく伝えてくれています。

保育園児のともくんと一緒に、ゆめのもりの世界を感じてみてください。

 

5歳の子どもたちから体感できる絵本です。

 

※この絵本は非売品です。

 

バウムくんとゆめのもり

文:やまかわ とものり、いのうえ ともこ、かきぬま いずみ

絵:さとう ひとみ

制作:株式会社文祥堂

 


この絵本は株式会社文祥堂様の願いがこめられています。

 

ウィステリア製薬株式会社の想い

株式会社文祥堂(BUNSHODO CORPORATION)のCSR事業として、

幼稚園や保育園に国産木材を使った家具を納入する際に、

読み聞かせの会を一緒に開催することで、日本の森への理解が深まればとの願いが込められた絵本です。

 

※絵本につきましては、直接企業にお問合せ下さい。

 

 

 


絵本男子 松田浩毅さんの感想

子どもの頃、僕は森の中でのキャンプが大好きでした。

かまどに木をくべてごはんを炊いたり、カレーをつくったり、楽しかったなあ。

ドラム缶のお風呂も木をくべてお湯を沸かして入り温まったな…と、

このお話を読んでいて思い出しました。

 

森の木たちの声を聴いて、保育園の椅子が作られる助け合い素敵ですね!

 

モデルプロフィール

231
応援する
お名前:松田 浩毅 生年月日:1994/01/14 出身:福岡県 職業:大学生・俳優 特技:柔道、ラグビー、殺陣 趣味:サイクリング twitter:https://twitter.com/not_from_hkt  
メッセージ:大学が教育学部なので、教科書の音読には慣れているつもりだったのですがひらがなだけの絵本はちょっと難しかったです(笑)
今回はカメラの前での読み聞かせでしたが、子供の前でも読んでみたいですね!よろしくお願いします。