『えんとつ町のプペル』

『えんとつ町のプペル』

 

絵本紹介コーナーでも、ご紹介した『えんとつ町のプペル』。

絵本として異例ともいえる、50万部のヒットと

33人のクリエイターが制作した、オールカラー絵本として話題になりました。

 

4000メートルの崖に囲まれた町には、えんとつが立ち並び、

朝から晩まで、けむりがもくもくと上がり、

住んでいる人は誰ひとり、青い空を知りません。

 

あるとき、夜空をかける配達屋さんが、煙をすってせきこんで、

配達中の心臓を、うっかり落としてしまいました!

 

心臓は町のはずれのゴミ山に落ちて・・・

 

えんとつ町のプペル

著:にしのあきひろ

出版社:幻冬舎

発売日:2016/10

 


絵本男子 大竹龍さんの感想

 

人気絵本『えんとつ町のプペル』が映画化されました。

大人も子どもも楽しめる絵本は、ストーリーはモチロン

33人のクリエイターが緻密に描いたイラストも人気です。

 

そんな絵本の世界観を充分に表した映画では

絵本では描けなかったストーリーも。

ぜひ、感染対策をして映画館でお楽しみください!

 

『えんとつ町のプペル』公式サイト

 

モデルプロフィール

2
応援する
お名前:大竹 龍 出身:東京都 職業:保育士 特技:サーフィン、ギター、かおかおシアター、絵本専門士第5期生 twitter:  

絵本男子モデルの大竹龍さん作詞・作曲の「あなたの笑顔は太陽」ぜひ、ご視聴下さい!

【あそび歌の試聴】もご覧ください!



【あなたの笑顔は太陽】

この曲は保育士としてクラスを担任しはじめたばかりで、全てが初めてで保育も行事もカリキュラム作成も、やることなすこと失敗ばかりし「自分はこの仕事は向いてないのかな」と心が折れそうになった時に、ふと目の前の子どもたちの笑顔からパワーをもらっていることに気づきその気持ちを曲にしたものです。

失敗ばかりで大変でも保育の仕事にやりがいや楽しさを感じるのは、子ども達の太陽のように明るい笑顔が見られるからだと思います。

5年間持ち上がりで一緒に過ごした卒園児に感謝の気持ちを込めて、他の仕事にないやりがいや楽しさに気づけるよう、この曲を届けられたらと思います。

作詞・作曲:大竹 龍  編曲:よしざわたかゆき











2~5歳児 あそびアイディア100:普段・ちょこっと・異年齢・親子 (保育力UP!シリーズ)


編・著:ピコロあそび会議


監修:犬飼聖二(あそび工房らいおんバス代表、上智社会福祉専門学校講師)


原案:鈴木翼(あそび歌作家)


原案:小沢かづと(あそび歌作家)


原案:伊瀬玲奈


原案:大竹龍


出版社:学研教育みらい


発売日:2015/3





2018年3月30日(土)朝日新聞出版より発売の「AERA with Baby スペシャル保存版おとうさんも子育ての天才!」の「お父さんと読みたい絵本のコーナー」に掲載されました。




掲載ニュースはこちら



2018年7月11日発行、日本保育協会広報誌「スイッチ!」に掲載されました!













2019年10月11日【育児情報サイト kodomoe 掲載】

育児情報サイトkodomoe「保育士さんの育児のウラワザ」のコーナーで

現場保育士の視点から『寝かしつけ』について記事を掲載させていただきました。


コドモエ掲載『寝かしつけ』記事はこちら




2019年10月11日【育児情報サイト kodomoe 掲載】

育児情報サイトkodomoe「保育士さんの育児のウラワザ」のコーナーで

現場保育士の視点から『叱り方』について記事を掲載させていただきました。


コドモエ掲載『叱り方』記事はこちら




2020年04月09日【絵本書評掲載】


KADOKAWA児童書ポータルサイトに絵本「まいごのたまご」の書評を掲載していただきました。


まいごのたまご

作:アレックス・ラティマー

訳:聞かせ屋。けいたろう


「まいごのたまご」の書評はこちら




2020年05月30日【絵本書評掲載】


KADOKAWA児童書ポータルサイトに新感覚いないいないばあ絵本「いっせーのばあ」の書評を掲載していただきました。


あけてびっくりしかけえほん いっせーのばあ

作・絵:新井 洋行


「いっせーのばあ」の書評はこちら





2020年09月24日【絵本書評掲載】


KADOKAWA児童書ポータルサイトに新感覚いないいないばあ絵本「くれよん ぐりぐり」の書評を掲載していただきました。


あけてびっくり しかけえほん くれよん ぐりぐり

作・絵:新井 洋行


「くれよん ぐりぐり」の書評はこちら