『うみのそこたんけん』

『うみのそこたんけん』

「うみのそこはどうなっているんだろう」とつぶやくと、

心の声が聞こえる海坊主が現れます。そして海の水を全部飲んでしまいました。

 

さあ男の子は海坊主の子どもたちと海底探検に出かけます。

 

くじらのホネや、暖かい海底温泉にも出会います。

不思議な生き物がいっぱいです。

 

4歳の子どもたちから楽しめる絵本です。

ジャケットの裏のすごろくも楽しく遊べます。

 

うみのそこたんけん

文:中川ひろたか

絵:澤野秋文

出版社:アリス館

発売日:2016/5

サイズ:30.5 x 21.5 x 0.6 cm

 

 


絵本男子 土田卓弥さんの感想

ぼくも子どものころ海の底には何があるのか知りたいと思っていました。

海は深くてちょっと怖い気もしました。

 

海坊主が可愛くて面白くて、一緒に探検できる男の子がうらやましいなあと思いました。

地球の不思議を体感させてくれるわくわくドキドキする絵本ですね。

 

モデルプロフィール

1
応援する
お名前:土田 卓弥 生年月日:1995/11/05 出身:北海道 職業:声優 特技:リフティング、歌マネ、腕立て 趣味:舞台鑑賞、カラオケ、サッカー twitter: