『おばけなんてこわくない』

『おばけなんてこわくない』

♪みんなともだち ずっとずっとともだち♪

 

楽しいキャンプ。

キャンプの夜といえば きもだめし。

 

二人一組で、神社になまえのふだを置いてくることに…。

 

園長先生がおばけになって子どもたちをおどかします。

 

仕返ししようと園長先生に罠をしかけます…。

さて、どうなるのでしょうか?

 

きもだめしのドキドキワクワクがいっぱい。

 

3歳のお子様から楽しめる絵本です。

 

おばけなんてこわくない

文:中川 ひろたか

絵:村上 康成

出版社:童心社

発売日:1999/5

サイズ:20.7 x 22.2 x 1 cm

 

 


絵本男子 結木奏太さんの感想

夏のキャンプ大好きでした。

 

川で泳いだり、魚を捕ったり、

セミや、カブトムシを捕まえたり、

ドラム缶のお風呂に入ったり、

みんなでカレーライスを作って食べたり、

楽しかったなあ。

 

でも一番のワクワクドキドキは、

夜のメインイベント

テントの中での怖い話と、肝試し。

 

トイレに一人で行くのが怖くなってお友だちを起こして

ついていってもらったなあ…。

 

モデルプロフィール

1
応援する
お名前:結木 奏太 生年月日:1992/07/23 出身:東京都 職業:アーティスト 趣味:YouTube、美味しいものを食べること twitter:toon_sota  
メッセージ:絵本男子としてたくさんの子どもたちと関わり、絵本の素晴らしさや、手遊び歌の楽しさを伝えていきたいです。よろしくお願いします。