『きのこほいくえん』

『きのこほいくえん』

赤ちゃんが空の上からママを選びます。

「きのこほいくえん」には、可愛いきのこたちがずらり。

色いろなきのこたちがほいくえんに通っているのです。

 

ブナシメジちゃん、マイタケくん、マツタケひめにトリュフぼうや。エリンギせんぱいにナメコ兄弟。

キヌメリガサ先生はキツネに注意するようにと毎朝言います。

なぜなら、前に園長先生が食べられたからです。

 

ベニテングダケのきのこのてんてんちゃんは、きのこほいくえんのアイドル。

みんなてんてんちゃんが大好きです。

 

ところがあるひ、ベニテングダケが毒きのこだったことがわかり……。

急に誰もてんてんちゃんのまわりには近づかなくなりました。

 

そんなある日、キツネがほいくえんにやってきて、さあみんながピンチです・・・。

「きのこ」のほいくえんで起きる、かわいらしい騒動。

 

たくさんの種類の「きのこ」が登場し、図鑑を楽しむように、物語を楽しめる作品です。

5歳の子どもたちなら研究してきのこ博士になっちゃうかも・・・

 

きのこほいくえん

文・絵:のぶみ

出版社:講談社

発売日:2014/9

サイズ:23.2 x 19 x 1 cm

 

 


絵本男子 結木奏太さんの感想

綺麗なきのこには毒があるって小さい時に父から聞いたことがあります。

 

可愛くて人気者のてんてんちゃんは、毒キノコだけど、

自分の毒を受け入れて好きになって、お友だちのきのこたちを助けるところがカッコいいし可愛いです。

 

やっぱりてんてんちゃんはこの保育園の人気者ですね。

モデルプロフィール

1
応援する
お名前:結木 奏太 生年月日:1992/07/23 出身:東京都 職業:アーティスト 趣味:YouTube、美味しいものを食べること twitter:toon_sota  
メッセージ:絵本男子としてたくさんの子どもたちと関わり、絵本の素晴らしさや、手遊び歌の楽しさを伝えていきたいです。よろしくお願いします。